??????????

  • ???????
  • ????
  • ??
  • ???

大自然の恵み

山の中にあることぶき荘ならではの山の恵み。

山の中にあることぶき荘ならではの山の恵みの写真1

ここでしか味わえない味覚があります。
山菜に川魚、野菜やキノコに獣料理。一年を通していろいろな食材に出会えます。日本には、こんなに豊かな食材、味覚があったこと、また“旬”の大切さにあらためて気づかされます。

山の中にあることぶき荘ならではの山の恵みの写真2
山の中にあることぶき荘ならではの山の恵みの写真3
春 山菜

冬の厳しい時期を越えた山が、一斉に色めきだします。
コゴミ、ウド菜、スズノコ、コシアブラ、タラノメ、ミズナ、フキなどなど、山の旨味が多種多様。もちろん主が自ら山に入り獲ってきます。
市場では出回らない貴重な山菜もことぶき荘では当たり前のように並びます。

夏 鮎、夏野菜

解禁になる天然鮎には多くの釣人が訪れます。
ここの鮎は鮎好きにも有名で、きれいな清流で育った天然鮎は旨味が違います。
塩焼きや新鮮ならではのお刺身でどうぞ。
また、ことぶき荘の畑で育った自家製の夏野菜もぎっしり。
太陽を一日に浴びた夏野菜は、エネルギーをいっぱい蓄えていて、食べると身体が自然と元気になる気がします。

秋 自然薯、キノコ

自然薯掘り体験もできます。苦労して掘った天然の長い自然薯は粘り気と味の濃さが違います。松茸、香茸、ナラタケシメジシバカツギ、舞茸などのきのこ類も豊富。
特に、香茸は幻のキノコで、チョコレートみたいな香がし、干すと香りが一層強くなります。市場に出回ることがないため、運が良ければ食べられるかも。
香茸の炊き込みごはんは絶品です。

冬 獣料理 猪、
鹿、山鳥、野うさぎ。

猟犬と共に、狩猟解禁の冬になると、山奥に挑んでいきます。
100キロ超えの猪は、今でも迫力に圧倒されます。
ただ、今や、猪や鹿は当たり前。
古くから行われてきた山の男たちの狩猟の基本は、山鳥と野うさぎなのです。
実は野うさぎは、絶品中の絶品。
運が良くなければ、食べることは叶いません。

自家製

畑と田んぼがあり、お米から野菜まで、提供する料理素材のほとんどは自家製です。
まさに奥津温泉、鏡野町、ことぶき産のお米と野菜。
自給自足、地産地消が息づいています。

自家製写真1
自家製写真2
猪ちまき
猪ちまき

天然猪肉の軟らか煮込みがごろり 素材の旨みが たっぷりと浸み込んだもち米はモチモチの深い味わいです。
奥津産の天然猪肉を軟らかく煮込み甘辛く味付けした猪肉の軟らか煮込みがごろり。
筍・干しいたけを加え 素材の煮汁がたっぷり浸み込んだもち米はヒメノモチ。
すべて手作り、それがことぶき荘の味です。